BRODERIE

フランスオートクチュール刺繍

刺繍文化は、古代から文明とともに存在し、世界の王朝文化や宗教芸術を担う一つの技法でした。荘厳で華麗な、そして時に清楚に装身具を彩る刺繍は、長い年月を重ねて、今日まで続く芸術文化です。フランスは王朝文化とともに歩んだ刺繍芸術も、19世紀の機械化に始まり、2度の世界大戦と工業化で下火となりますが、パリのファッション業界、そしてメゾンの活躍により見事に復活。再び花開きます。こうしてパリには現在でも、高級メゾンを支える重要でかつ貴重な技術を継承した刺繍アトリエがいくつも存在するのです。 正式名称「リュネビル刺繍」とよばれる、フランスオートクチュール刺繍は、1810年フランス北東部のリュネビルで誕生しました。ビーズやスパンコール、ビジュウをふんだんに使用したデコラティブな作品を仕上げるのに適した技法が特徴です。しかしその一方で、布地や刺繍糸の素材感を生かした、平面的なあるいは立体感のある可憐な作品も手がけることができます。刺繍した部分を布地から切り取り、ブローチに組み立てたり、ペンダントトップに仕上げることも可能です。
近年、コレクションの度に華やかさを増すメゾン刺繍技法も楽しみの一つです。

 


フランス刺繍といえば、普通の針と刺繍糸の刺し方をイメージしますが、オートクチュール刺繍の場合、布地にかぎ針(クロッシェ)を刺し、下糸を引っ掛けてチェーンステッチをすることが基本です。主にフランス北部地方のレース製作の流れをくむもので、薄く柔らかい生地を使うことも特徴の一つです。
下糸には、ビーズやスパンコールを通し、左手で一粒、あるいは一枚ずつ繰り上げ、クロッシェで糸を引き上げてとめ付けます。大変効率的な技法です。

VOUVRAYでは、フランスより取り寄せた材料を使用して、本格的なオートクチュール刺繍「リュネビル技法」のテクニックを学びます。クロッシェの他にも一般的な刺繍針で様々なステッチやリボン刺繍も学びます。また、クロッシェのテクニックとして表刺しと裏刺しを駆使し、様々な表情を仕上げてゆきます。材料には、美しい色とりどりの刺繍糸、フランスより輸入したスパンコールやビーズ、キラキラと輝くスワロフスキー、メタリックな仕上がりになる金属コイル、なめらかで艶のあるシルクリボン、カットワークで形を調節するエッジのワイヤー等、豊富な材料についても少しずつ学んでゆきます。
お教室の様子

フランスオートクチュール刺繍講座 要項

1. スケジュール・受講料等

銀座教室 火曜日  map

New!! 2019年(4月〜6月)スケジュール

クラス 時間 定員 2 3 4 5 6
GL1 午前の部(10:00~12:30) 8名 4月9日 4月16日 5月7日 5月21日 6月4日 6月18日
GL2 午後の部(13:00~15:30) 8名 4月9日 4月16日 5月7日 5月21日 6月4日 6月18日

New!!銀座教室 土曜日  map

月に1度刺繍の日!2コマ連続して受講するコースができました!!!

New!! 2019年(4月〜6月)スケジュール

クラス 時間 定員 1&2 3&4 5&6
GL3 午前の部(10:00~12:30)
午後の部(13:30~16:00)
8名 4月20日 5月18日 6月22日

恵比寿教室 日仏会館 木曜日  map

New!! 2019年(4月〜6月)スケジュール

クラス 時間 定員 2 3 4 5 6
JFL1 午前の部(10:30~13:00) 6名 4月11日 4月25日 5月9日 5月23日 6月13日 6月27日
JFL2 午後の部(13:00~15:30) 6名 4月11日 4月25日 5月9日 5月23日 6月13日 6月27日

恵比寿教室 日仏会館 金曜日  map

New!! 2019(4月〜6月)スケジュール

クラス 時間 定員 2 3 4 5 6
FL1 午前の部(10:30~13:00) 6名 4月12日 4月26日 5月10日 5月24日 6月14日 6月28日
FL2 午後の部(13:00~15:30) 6名 4月12日 4月26日 5月10日 5月24日 6月14日 6月28日

2. カリキュラム・教材

刺繍のご経験がない方、またはオートクチュール刺繍は初めて、という方のためのクラスです。
お道具とキットは初回のクラスでお渡しします。このクラスを終了された方のみ、次のクラスを受講することができます。

お申し込みはこちらよりご希望のコースを選択し、申込フォームにご記入下さい。

 

Q&A

大丈夫です。オートクチュール刺繡は初めての方が殆どです。

Level1の作品はクローバーの図案で、枠張りから完成まで全6回(1シーズン)を目安に仕上げます。枠張りをする、かぎ針で糸を刺す、ビーズやスパンコールを刺す、針と糸でビジュウを留めつける、基本のテクニックを習得する課題で、こちらは額装用の作品です。完成までの日数は目安であり、その方のスピードに合わせて進みます。

オートクチュール刺繍の、クロッシェを使用して刺す技法は慣れるまで少し難しく感じる方もいらっしゃいます。

クラスには色々な課題を進行している方がいます。他の方の作品を見たり、作業の工程を聞いたりすることは、大変励みになります。

事前にお申し出があり、ご希望のクラスに空席がある場合にのみ、承っております。
レッスン当日の急なお休みや、シーズンをまたぐことはお断りしております。